むっちり巨乳の熟女をセフレと会えた

むっちりしている熟女っていいですよね。

そばにいると安心感があるというか。

包まれる感覚?がありますよ。

むっちり熟女にはそんな魅力があるんですよ。

だから、熟女掲示板ではむっちり巨乳熟女との出会いを期待して熟女のセフレを作っているんですね。

むっちり巨乳の熟女はさすがになかなか見つからないですね。

むっちり・巨乳のどちらかの持ち主には出会えるんですけど、両方を兼ね備えた熟女は希少種で、熟女掲示板でも見つけるのは大変ですよ。

だから、いちおうは妥協することもあるんですね。

巨乳でガリガリはセフレとしてありですね。

むっちりで貧乳はなしです。

この前は運よく、むっちり巨乳の熟女と掲示板で知り合えたんですよ。

もちろん、その熟女にはわたしのセフレになってもらいましたよ。

その熟女の自己申告だけど、彼女は芸能人で例えるなら、鈴木京香なんですね。

首から下にはうるさいわたしですが、顔は問わないんですよ。

でも、彼女は美人でした。

そしてもちろん、むっちりした巨乳の持ち主でしたよ。

つまり彼女はグラマーな鈴木京香です。

それが先日、掲示板で出会った熟女なんです。

初対面の挨拶をすませてから、まっすぐホテルに向かいましたよ。

余計な言葉は無用。

とりあえずエッチをしてから、その後のことを考えればいい。

彼女からはそんな割りきりを感じたんですね。

「お酒でも飲みながら…」というわたしの言葉をさえぎって、「お酒ならホテルにもあるよね」と。

「おっしゃるとおり!」

黙ってわたしはホテルに急ぎました。

彼女にはエッチをした後で、「ぜひわたしとセフレになってほしい」と頼み込みました。

いたずらっぽい顔をしながら彼女が「どうしよっかな~」なんて迷うそぶりを見せたから、彼女の足元で土下座してもう一度「セフレにしてください!」とお願いしましたよ。

彼女はソファに座っていたんですけど、無言で片足を上げたんですね。

わたしにはそれが「この足に口づけをしたらセフレにしてあげてもいい」ということだと思えました。

なので、その足を掴んで足の甲に口づけをしたんですよ。

それを見た彼女が両腕を広げてわたしを招いたようだったから、その胸に飛び込みました。

すでにその日は一度目のエッチをしていたけど、セフレになって初めてのエッチをすることになりましたよ。

コメント